園芸農業の意味とオランダ園芸農業について

LINEで送る
Pocket

園芸農業とは、野菜、果樹、花卉などを集約的に栽培する農業です。園芸農業の特徴やオランダの園芸農業について説明します。

園芸農業とは

上にも書いたように、野菜、果樹、花卉(かき)などを集約的に栽培を行うのが園芸農業です

園芸農業は、都市の発達、人口増加と生活水準の向上に伴って発達しました。

高度な技術、資本を投入し、労働生産性、土地生産性が高い。

都市への出荷を目的としているため、もともとは消費地の近くに近郊農業として発達しました。

園芸農業でつくるものは、あまり長持ちしません。その点から考えても、消費地である都市が近くにあるほうが望ましかったのです。

園芸農業の作物の種類

園芸農業で栽培される作物は、野菜、果樹、花卉などです。

いろいろと種類がありますが、有名どころでは、オランダではチューリップなどの花卉の栽培が盛んです。

アメリカのフロリダでは、オレンジなどの果樹栽培が行われています。

園芸農業の国、オランダ

オランダは、チューリップ栽培が有名。

低湿地を干拓として整備したポルダーの、水はけのよいところで、園芸農業が行われています。つくられた花卉は、EU諸国に出荷されています。

なせオランダで発展したのかというと、花卉栽培の高度な技術が発達して生産が増加したこともありますが、オランダの優位性はその立地にあります。

花卉の大きな消費地は都市です。出荷をできる大きな都市が近くにあるほうが、生産地として望ましいのです。

オランダの首都アムステルダムから400km以内に、イギリスのロンドン、フランスのパリ、ドイツのハンブルク、ベルギーのブリュッセルなどの大都市があり、オランダの土地は花卉栽培に適した立地なのです。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA