カナート、フォガラ、カレーズ、カンアルチンの違い

LINEで送る
Pocket

砂漠地帯が広がる中央アジア、西アジア、北アフリカでは、降雨だけでは農業を営むのが難しいです。

ですので、山地の帯水層の水や山麓に湧きだす水を、地下水路で平地まで引っぱってきて、その水を利用して農業をしています。地下水路を利用することで蒸発を防ぐこともできます。

カナート、フォガラ、カレーズとは、すべてこの地下水路のことです。

なぜ、違う言葉なのかというと、地域によって呼び名が変わるからです。

■地域と地下水路の呼び方

地域呼び方
イランカナート
北アフリカフォガラ
アフガニスタン・パキスタンカレーズ
中国ウイグル自治区カンアルチン(カナルチン)

 

山のふもとの地下水を水源として、末端には耕作地や集落がつくられています。オアシス農業をするために大きな役割を果たしています。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA