商業的農業と企業的農業の違い

LINEで送る
Pocket

商業的農業と企業的農業は、なんだか似ている部分があるように感じますよね。

この記事では、商業的農業とはなにか、企業的農業とはなにか、そしてそれら2つの違いについて解説します。

商業的農業

商業的農業とは、生産した農作物を販売することを目的とした農業です。

先進国では、農業以外の産業で仕事をする人が多数なので、販売を目的とした商業的農業が主となります。

商業的農業の逆が、自給的農業です。

これは、商業的~、時給的~の言葉は、何を目的として農業するのかを表しています。

参考:商業的農業(ヨーロッパ・アメリカ)の種類

企業的農業

企業的農業とは、広大な土地で、大型の農機や施設を用いて穀物を栽培し、儲けを追求する農業形態です。

企業的穀物農業、企業的農牧業といった言葉であらわされることも多いです。

また企業的牧畜も同様の意味で、広大な土地で資本を投入して、大規模に効率的に経営を行う牧畜です。

単一の作物の栽培、または家畜の飼育を行って、生産と販売の効率化を図ります。

アメリカのグレートプレーンズ、アルゼンチンの湿潤パンパで小麦やトウモロコシなど、オーストラリア南東部で、大規模に小麦が栽培されています。

南米の広大な土地で行われる企業的農業は、土地生産性は低いですが、機械を活用して生産をしますから、労働生産性は高いです。労働者が少なくて、たくさんのものをつくることができるということです。

「労働生産性は高い」とは、つまり1人あたりの生産量が多いということです。

先進国のアメリカの企業的農業では、土地生産性も高く、労働生産性も高くなっています。

アメリカのロッキー山脈地域の東の大平原グレートプレーンズ、アルゼンチンの乾燥パンパ、オーストラリアの東半部また西部では、牛や羊が大規模に飼育されています。

参考:農業の集約的・粗放的の違いと生産性。ヨーロッパや新大陸の労働・土地生産性を説明します

企業的農業と企業的牧畜と分けてあらわされることがありますが、いずれにしても、大規模な土地に大きな資本を投入して行う農業です。

商業的農業と企業的農業の違い

企業的農業のように大規模な農業経営は、当然、つくった作物を販売するために行っている農業となります。

ですから、企業的農業は、企業的農業でもあるし商業的農業でもあるように個人的には思います。

しかし、地理の教科書ではそういった説明はなく、それぞれ分けられて書かれていますね。

そういう分類だと捉えればよいでしょう。

商業的農業は、販売するのがメインなのか、自分や家族で食べるのがメインなのかを見て、販売メインなら商業的農業。

商業的農業には、混合農業、酪農、園芸農業、地中海式農業などがあり、地図上で見ると、ヨーロッパや東アメリカ、オーストラリア南東部に分布している。

企業的農業とは、広大な土地で機械、施設を利用して大規模に行うのか、それとも、個人の庭で小さく生産するのかを見て、大規模に行うなら企業的農業。

地図上で見ると、アメリカ中央部から西部、南アメリカのブラジルやアルゼンチン、オーストラリアなどに分布していて、小麦やとうもろこしを大規模に生産されている。

このように理解できます。

こちらの記事で、商業的農業の種類について解説しています。混合農業、酪農、園芸農業、地中海式農業です。

参考:商業的農業の種類(ヨーロッパ・アメリカ)

北アメリカとラテンアメリカの企業的農業はこちらの記事で解説しています。

参考:北アメリカの農業(西岸の地中海式農業、乾燥地帯の牧畜、プレーリーの小麦栽培、五大湖周辺の酪農、コーンベルトのとうもろこし栽培、南部の綿花栽培・園芸農業)

参考:ラテンアメリカの農業(企業的穀物農業・牧畜、プランテーション農業、焼畑農業)

 

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA