三角州ができる仕組みと三角州の種類

河川が海や湖に流れ込むところに、運ばれてきた土砂によって形成され低平地が三角州です。

ギリシャ文字のデルタΔの形と似ているので、デルタとも呼ばれます。

三角州ができる仕組み

三角州の形態にはいくつかの種があります。河川からの流れてくる土砂の量、沿岸の潮の流れに影響を受けてできる三角州は、主に3種類の形態に分けることができます。

海岸の波や流れに対する、河川が運んでくる土砂の堆積作用の大きさによって、三角州の形態に違いが出てきます。

  • 海岸の波や流れが弱く、それに対して河川の土砂の堆積作用が強いと、鳥趾状三角州
  • 海岸の波や流れに対して、河川の土砂の堆積作用がそこそこあると、円弧状三角州
  • 海岸の波や流れが強くて、それに対して河川の土砂の堆積作用が弱いと、カスプ状三角州

となります。

川が山の土砂を削って、運んでくるわけですが、川の上流から石の粒のような礫が堆積し、次に砂のようなものが堆積し、さいごに海の入口に運ばれてくるものは、小さな粒のものになります。

三角州の種類

鳥趾状三角州(ちょうしじょうさんかくす)

名前のとおり、鳥の足の指のような形をした三角州です。

海岸の波や流れに対して、河川の土砂の堆積作用が強いと、川の流れにそって土地が形成され、鳥の足指のような形になっていくのです。アメリカのミシシッピ川がその代表例です。

アメリカ・ミシシッピ川

 

円弧状三角州(えんこじょうさんかくす)

海岸の波や流れがあり、鳥趾状には三角州が形成されず、扇形のような形となった三角州です。

エジプト・ナイル川

 

カスプ状三角州

河川の土砂の堆積作用よりも、海岸の波や流れが強いので、河口に近い部分にだけ形成された三角州です。尖状三角州ともいいます。

イタリア・デウェレ川

三角州の利用

大きな河川の三角州は、重要な稲作地帯となります。インドのガンジス川、ベトナムのメコン川などです。メコンデルタは、アジア式稲作農業を行う地域です。

日本の三角州としては、広島市がある太田川三角州があります。三角州には大きな都市が少なくありません。

日本では三角州が少なく、あっても規模が小さいです。日本の海の多くが海岸から急に深くなって、沿岸流が強いため、堆積がなされずに、三角州が発達しにくくなっています。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA