酪農の盛んな国の特徴

酪農とは、飼料作物を栽培して、乳牛を飼育し、乳、バターやチーズなどの乳製品をつくる農業形態です。

酪農が発達する地域、国について説明していきます。

酪農が発達する地域、国

どんな地域で酪農が発達してきたか?次の3つのポイントがあります。

  • 冷涼であること
  • 肥沃度が低いこと
  • 消費地に近いこと

冷涼な気候で、土地がやせていると、あまり穀物を栽培するのには向いていません。「穀物栽培はできないから、どうするか…。それならば牧草をつくって家畜を育てようか」というわけで、冷涼でやせた土地では酪農が発達するようになったのです。

冷涼で、やせた土地というと、氷河に覆われていた土地がそうですね。

氷河期には、北緯50°以上のヨーロッパ北部や北アメリカは、氷河に覆われていました。氷河が流れて、砂礫を運搬し、堆積したものがモレーンであり、北緯50°以上のヨーロッパには、モレーンが広がっています。それらの土地は、肥沃度が低くて、あまり穀物栽培には適していないのです。

また、牛乳および乳製品はあまり長持ちするものではないですから、できるだけ生産したら、すぐに消費(飲食)してほしかったわけです。

ですから、消費地に近い場所で酪農が発達したのです。消費地とは、つまり都市のこと。

ただし、現代では、冷蔵技術、交通の発達にともなって、牛乳やその加工品は長距離輸送できるようになり、都市から離れた場所でも大きな問題はありません。

酪農の盛んな地域はどこ?

ヨーロッパではデンマークやイギリスなどの北海沿岸、アメリカでは五大湖沿岸、オーストラリアでは南東部で酪農が盛んです。

いずれも、氷河期には、北緯50°以上のヨーロッパ北部や北アメリカは、氷河に覆われていて、肥沃度が低く、穀物を栽培するのにあまり適していない土地です。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA