硬葉樹と照葉樹の違い

LINEで送る
Pocket

硬葉樹と照葉樹はいずれも常緑広葉樹です。

硬葉樹とは、常緑で小さく硬い葉を持ち、夏の暑く乾燥した気候に適応した樹木です。主に地中海性気候の地域でみられます。水の損失を防ぐために、小さく硬い葉をもつオリーブ、厚い樹皮もつ幹が発達したコルクガシがそうです。

照葉樹とは、常緑で厚い葉っぱを持ち、夏の多雨と冬の乾燥に耐える樹木。シイ、カシ などです。夏が多雨で冬が少雨の気候というと、温暖冬季少雨気候Cwです。この気候の地域に見られます。葉の表面が光って見える種が多いので、照葉樹と名付けられています。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA