ドイツのハイデとは?

LINEで送る
Pocket

ドイツ北西部に広がる北ドイツ平原は、氷河による浸食を受け、やせた土地が広がっています。

この土地が、ハイデと呼ばれます。

かつて氷河期には、ドイツ北部は氷河に覆われていました。氷河によって土壌が削られたために、やせた土地となっています。

ハイデでは、近接した都市を市場として、酪農が発達していいます。

土地がやせている、また都市が近接している。このような土地に適するのは酪農です。土地は草地や飼料生産に利用され、酪農が行われています。

参考:酪農の盛んな国の特徴

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA