オリーブやブドウなど栽培する地中海式農業 

LINEで送る
Pocket

モロッコとスペインを旅したときに、地中海式農業をこの目で見ることができました。そのときの体験をお伝えします。地中海式農業といえば、オリーブやブドウですよね。

スペイン南部のオリーブ畑。

地中海式農業

地中海式農業とは、地中海性気候の地域で発達している農法です。

  • オリーブ、オレンジ、ブドウといった乾燥に強い作物が育てられます。
  • 秋まき、春収穫の冬小麦が栽培。休閑地は放牧地として利用されます。
  • 乾燥に強い羊、ヤギが飼育されます。

地中海沿岸以外では、アメリカのカリフォルニア州、チリ、オーストラリア南西部、南アフリカ共和国などでも見られます。

地中海をまたいで南から北へ旅

モロッコから地中海を船でわたり、スペインを北へと旅しました。その中で地中海式農業の代表格であるオリーブ畑やブドウ畑をよく目にしました。

 

 

モロッコから見てみましょう。モロッコ北部の景観です。

小麦畑とオリーブの木、羊です。

 

オリーブの木です。旅したのは夏の最中、7月です。地中海性気候の地域は、夏は雨が少ないので、土がカラカラに乾いています。

 

ジブラルタル海峡です。アフリカ大陸からヨーロッパ大陸へと渡りました。

スペイン南部から北上し、山を越えます。

白塗りの家がならぶ美しい村が見られます。山を越えると、丘陵地帯になり、そこは、

緩やかな丘陵がつづいていて、丘の上にいくと先を見渡すことができます。見渡す限りのオリーブ畑。

先のその先の丘までオリーブオリーブ…。この日は、1日中ずっとオリーブ畑に囲まれた道を自転車で走ってしました。

さらに北上すると、ブドウ畑や広大な小麦畑が見られるようになりました。

夕暮れの小麦畑です。季節的に収穫が終わった後で、刈りとられています。

羊の集団が見えます。

 

オリーブの生産

オリーブの生産国と生産量を見てみましょう。

生産国 生産量
1 スペイン 3627 千トン
2 イタリア 3018 千トン
3 ギリシャ 2081 千トン

スペインで見たあれだけ広大なオリーブ畑。やはりスペインが生産量で世界一でした。モロッコも第5位で1820千トンの生産量です。

オリーブは、漬けものにして食べたり、油をとったりします。オリーブオイルになるのですね。

オリーブの栽培北線

オリーブの栽培は、地中海沿岸に限られていて、栽培できる限界は下の図のようになっています。

おおよそオリーブの栽培北限から地中海に面したエリアで、地中海式農業が営まれています。

私はモロッコから スペイン~フランスに向かって、南から北へ旅をしました。

スペインの南部ではオリーブ畑がよく見られましたが、北に進んでオリーブの栽培北限に近づくにしたがってオリーブ畑が見られなくなり、ブドウ畑、小麦畑がよく見られるようになったのでした。

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA