近郊農業と遠郊農業

LINEで送る
Pocket

近郊農業とは、都市の近くで行う農業のこと。

遠郊農業とは、都市から遠く離れたところで行う農業のこと。

近郊とは都市に近いところのこと、遠郊とは都市から遠いところのことをさしています。

園芸農業でつくる野菜、果樹、花卉、酪農でつくる生乳などは、あまり長持ちするものではありません。できるかぎり新鮮なうちに市場に届けたいですよね。

ですから、園芸農業や酪農はもともとは近郊農業として発達してきました。消費量が多い都市に、すばやく届けられるというわけです。

しかし、輸送手段、技術の発達によって、都市から遠く離れたところで生産を行って都市へと運ぶ、遠郊農業も可能となり、行われるようにもなりました。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA