棚田、段々畑とは?その違いとは?

LINEで送る
Pocket

棚田と段々畑の違いを解説します。

棚田とは、山あいなどの傾斜地に作られた階段上の水田です。


熊本県の棚田 Image by lester56/Pixabay

中山間地域では傾斜地ばかりですが、そんな土地であっても水田に利用するため、階段上に段々をつくって、水をはり、稲作を営みます。

日本の中山間地域に行くと棚田を見ることができます。海外では、中国の華南、フィリピンのルソン島、インドネシアのジャワ島などに多く見られます。

そして、

段々畑も同じく、山あいなどの傾斜地に作られた階段状の畑になります。

長野県南相木村の村内風景 Image by 珈琲牛乳/Wikimedia Commons

水田でなく、 野菜などを栽培する畑の場合には、段々畑と呼びます。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA