気持ちよさそうな牛たち。スイスのアルプスでの放牧

LINEで送る
Pocket

スイスでは、アルプスの山腹斜面を活用する移放が営まれます。

冬場は山は雪に覆われるので谷底で飼育し、夏は暑さを避けるため山に登り、高地で放牧をします。移動して放牧するので、「移牧」です。

この夏場の避難先である高地の自然草地のことを、アルプといいます。

スイスの放牧

夏のスイスの山です。自転車で走ってスイスの山々を旅をしました。大きな峠を越えたときの写真です。

山腹を道路が横切っていますのが見えますよね。長い山道をここを登ってきました。

そして、やっと峠に到着しました。道路の横に目をやると、そこには雄大な景観に、のんびりと草をはむ牛たちがいました。

森林限界の上にあるアルプです。

峠から下ってくると、小さい村に草地が広がっていました。この写真の後ろに見えるのが、山のふもとにある本村と呼ばれる村です。

フランスの放牧

スペインとフランスの間にアンドラという小国があります。面積468km2 で、日本でいうと一つの市くらいの大きさ。ミニサイズの国家です。地図上で見にくくてすみません。

スペインからアンドラに入って、フランスへと抜けるルートで旅をしました。

アンドラでは、山あいにアウトドア店、ブランド品を扱う免税店が並びます。

そのまま山道を登って、フランスへ向かいます。

アンドラ国内では、ずっと坂を登りっぱなしでした。

標高2408mの峠を越えます。

 

山の斜面に白い何かが見えますね。

牛でした!

こんな2000mを越えるようなところに牛が放たれているのですね。

 

あぶない!バイクにひかれるよ!

2000mの標高でも、牛たちは元気に歩いています。

LINEで送る
Pocket

おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA