工芸作物の意味とその例を紹介(繊維作物・糖料作物・染料作物・油脂作物・嗜好作物)

LINEで送る
Pocket

工芸作物とは工業原料に使うために栽培される作物のことです。工業原料として利用されて、加工されてできた製品を人が消費をします。

たとえは、次のようなものがあります。

繊維作物

綿花や麻などの繊維作物。綿をつかって糸を紡ぎます。

 

糖料作物

サトウキビやテン菜などの糖料作物。煮詰めたり不純物を取り除いたりして砂糖をつくります。

 

染料作物

紅花や藍などの染料作物。植物・花の色素をつかって布に色をつけます。

 

油脂作物

オリーブやヒマワリ、ナタネなどの油脂作物。圧や抽出をして油をつくります。

 

嗜好作物

コーヒーやタバコなどの嗜好作物。粉砕・抽出などの加工をしてコーヒー豆が飲み物になります。

 

工芸作物には、繊維作物、糖料作物、染料作物、油脂作物、嗜好作物といったものがあります。これらは、そのまま食べたり、家庭で調理するのではなく、工業原料として利用されて、人に消費される製品になります。

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA