雨陰砂漠(あまかげさばく)のでき方とその例

LINEで送る
Pocket

雨陰砂漠とは、山を越えてきた乾燥した大気によってつくられる砂漠です。

湿った風が山を越えるときに、上昇してそこで雨を降らせます。雨を降らせた風は、山を越えて下降するときには乾いた風となるので、その地域は乾燥し砂漠が形成されるのです。

山の湿った風が当たる風上側では雨が降っていますが、その反対側は乾燥して砂漠になります。

代表的な例として、南アメリカのパタゴニアがあります。偏西風がアンデス山脈にぶちあたって雨を降らし、山を越えて乾いた風は大陸東側に吹き下ろし、パタゴニア砂漠を形成します。

どの自然的な要因で形成されるかによって、砂漠には回帰線砂漠、内陸砂漠、雨陰砂漠、海岸砂漠があります。
参考:砂漠化の自然的要因(回帰線砂漠、内陸砂漠、雨陰砂漠、海岸砂漠)

 

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA