黄砂の読み方、日本での発生時期

LINEで送る
Pocket

黄砂とは、アジア内陸の乾燥地域から運ばれてくる細かい土壌のことです。

読み方は「こうさ」です。

タクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土高原などの乾燥地域から、風によってまい上げられた土壌が、偏西風にのって、日本にも飛んできます。

大気中に浮遊、あるいは降下し、人々の生活環境を悪化させる現象です。

日本での発生時期は、冬から春先にかけてです。

気象庁のWEBサイトで、月別黄砂観測日数のデータを見ると、2月から5月にかけてしばしば観測されていて、そのなかでは4月がもっとも多く、ついで3月、5月が多いです。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA