ステップ気候BSと砂漠気候BWに使われる「S」と「W」の意味

LINEで送る
Pocket

ケッペンの気候区分で、乾燥気候の記号はBです。

Bの後ろに大文字のS、またはWをつけて、

  • BS ステップ気候
  • BW 砂漠気候

となります。

熱帯のAや温帯のC、亜寒帯のDの後ろには、f、s、w、mなどのアルファベット小文字がつきますけど、乾燥気候のB場合は、大文字のSかWがつきます。

その記号の意味について解説します。

S

Sは、ドイツ語で草原という意味のSteppe(ステッペ)の頭文字をとったものです。

Sをつけて、ステップ気候BSとなります。

W

Wは、ドイツ語で砂漠という意味のWüste(ヴューステ)の頭文字をとったものです。

Wをつけて、砂漠気候のBWとなります。

Steppe(ステッペ)もWüste(ヴューステ)もドイツ語です。この気候区分をつくったケッペンは、ドイツ人なので、ドイツ語の単語がつかわれています。

ところで、

f、s、w、mの小文字は、年中湿潤なのか、乾季が夏なのか・冬なのか、年中湿潤と乾季があるの中間なのか…といったことを示すものです。

下記の記事で説明しています。

参考:気候区分で使われる小文字f、s、w、mの意味とその違い

 

LINEで送る
Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA