東南アジアの農業

東南アジアの国は、ユーラシア大陸南東部・インドシナ半島部分のベトナム、タイ、マレーシアと、島国であるフィリピン、インドネシアなどがあります。

ここでは、どんな農業が行われているか?

大別すると、

  • インドシナ半島部分のベトナム、タイ、マレーシアではアジア式稲作農業
  • 島国であるフィリピン、インドネシアでは、プランテーション農業

が中心です。

ベトナムのメコン川、タイのチャオプラヤ川、ミャンマーのエーヤワディ川などの大河川の下流域は、稲作の大産地となっています。

ベトナム

メコン川流域で稲作。メコン川はチベット高原が源流で、中国雲南省、ミャンマー・ラオス・タイの国境をとおり、カンボジアを通って、ベトナムから南シナ海へと流れています。

河口付近は、大きな三角州となっていて、メコンデルタと呼ばれます。メコンデルタのような大きな河川の三角州では、大きな稲作地帯がつくられます。メコンデルタでも例にもれず、肥沃な土地を活かして、稲作が行われているのです。

タイ

チャオプラヤ川流域で稲作。三角州が形成されていて、稲作の中心地になっています。プランテーションでの天然ゴム、さとうき栽培なども行われています。

マレーシア

プランテーション農業で、油ヤシの栽培が盛んです。かつては、天然ゴムの生産が盛んでしたが、油ヤシへの転換が進んでいます。

インドネシア

ジャワ島ではコーヒーのプランテーション農業、外島では天然ゴムや油やしのプランテーション農業が行われています。

やはり稲作も行われていて、山の斜面を利用した棚田での稲作が行われています。

※インドネシアの外島とは、ジャワ島以外の島のことです。

フィリピン

東海岸では、ココやし、西海岸ではさとうきび、また稲作も盛んです。フィリピンのルソン島では、棚田が見られます。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA