大土地所有制を簡単に解説します(ラテンアメリカのファゼンダ、エスタンシア、アシエンダの呼び方についても説明)

LINEで送る
Pocket

大土地所有制ついて簡単に解説します。

大土地所有制とは、大規模な広い農場で多数の労働者を雇用、管理して行う農業のことです。とても大規模なのですが、一般的に粗放的な農業を行っています。

ラテンアメリカでは、植民地時代の大土地所有制のもと作られた農場があります。この農場は地域によって呼名が異なっています。

・ブラジルでは、ファゼンダ
・アルゼンチンでは、エスタンシア
・ペルーやメキシコでは、アシエンダ

と呼ばれる大農場です。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA