ケッペンの気候区分の一覧表

LINEで送る
Pocket

地球上の気候を分類する方法に、ケッペンの気候区分があります。

  • 熱帯A
  • 乾燥帯B
  • 温帯C
  • 亜寒帯D
  • 寒帯E

のように区分を設けます。

それぞれの区分のなかで、気温、降水の季節や量によってさらに区分を設けます。たとえば、熱帯Aのなかには、Af区、Am区、Aw区がありますね。

これらを一覧にすると下記の表のようになります。

気候区 区分けの基準種類
熱帯 A最も寒い月で月の平均気温が18℃以上となる熱帯雨林気候 Af
熱帯雨林気候 Am
サバナ気候 Aw
乾燥帯 B降雨量が蒸発量より少ない砂漠気候 BW
 ステップ気候 BS
温帯 C最も暖かい月の平均気温が10℃以上

最も寒い月の平均気温が18℃未満、-3℃以上

温暖冬季少雨気候 Cs
地中海性気候 Cw
温暖湿潤気候 Cfa
西岸海洋性気候 Cfb
西岸海洋性気候 Cfc
亜寒帯 D最も寒い月の平均気温が-3℃未満であれば亜寒帯湿潤気候 Df
亜寒帯冬季少雨気候 Dw
寒帯 E最も暖かい月の平均気温が10℃未満ツンドラ気候 ET
氷雪気候 EF

 

こちらの記事に気候区がどのように区分けされているか詳しく書いています。

参考:ケッペンの気候区分まとめ

 

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA