メトロポリスとメガロポリスの違い

LINEで送る
Pocket

メトロポリスとメガロポリスの違いを簡単にいうと、メトロポリスは巨大都市のことで、メガロポリスは複数の大都市が帯状に連なった地帯のことです。

メガロポリスのほうが、広い範囲を指すものです。

メトロポリスとは

メトロポリスとは、経済、文化、政治などの中心となる巨大都市のことです。市街地の拡大によって隣接した都市が連続するメトロポリタンエリアと呼ばれます。

日本の東京はメトロポリスであり、東京湾周辺はメトロポリタンとなります。関西でいうと、大阪湾周辺がメトロポリタンエリアとなります。

メガロポリスとは

メガロポリスとは、隣接する都市の市街地が拡大することによって、都市が機能的な連携を深めて帯状になった地域のことです。

巨帯都市と略され、交通網や通信網で結ばれて密接な関係があります。日本では、東京~横浜~名古屋~大阪~神戸間が東海道メガロポリスと呼ばれます。東海道新幹線や東名高速道路があります。

アメリカのメガロポリスとしては、ボストン~ニューヨーク~フィラデルフィア~ワシントンを結んだ地域があります。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA