スプロール現象

LINEで送る
Pocket

スプロール現象とは、市街地から郊外へ無秩序・無計画に開発が進むことです。

経済成長にともなって、人口が集中し、地価が高くなり、大都市の中心は官公庁やオフィスなどの行政やビジネスの機能が中心となり、工場や住宅は郊外に移動していきます。

問題点として、道路や下水道などのインフラ、学校などの計画的な整備ができないまま、都市部が拡大していく点が挙げられます。

また、その過程で近郊の山林、農地が虫食い状態で開発され、宅地化が進んでいくことも問題点として挙げられます。

LINEで送る
Pocket

おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA