森林が多い地域と国

LINEで送る
Pocket

国土面積に占める森林面積が多い国を、熱帯、温帯、冷帯に分けて説明します。

熱帯で森林が多いのは、赤道付近の国です。アフリカのコンゴ、東南アジアのインドネシア、マレーシア、ラテンアメリカでは赤道直下の仏領ギアナ、スリナムでは国土の90%以上が森林です。ブラジル、ペルーも国土面積に占める森林の割合は、50%台で、比較的多いです。

温帯で森林面積の割合が多い国は、山地が多い国です。日本や韓国などが森林が多く、日本では森林率は67%です。温帯の平野は農地として利用されることが多いので、森林が残ることが少なくなります。

日本の都道府県でみると、山がちな高知県は80%台、平地が多い茨城や埼玉は30%台です。

冷帯では、フィンランドやスウェーデンで森林面積の割合が多いです。カナダやロシアにも国土が広い分、森林は多くありますが、国土にたいする森林の面積でいうと、フィンランドやスウェーデンのほうが多くなります。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA