輸入代替型工業と輸出志向型工業

LINEで送る
Pocket

輸入代替型工業とは、これまで輸入に依存してきたものを国内で生産する工業のことです。国内の産業を育成する目的があります。

消費財など、輸入に頼るのでなく自分たちにつくろうよ、ということです。

輸出志向型工業とは、輸出を目的としてものを生産する工業のことです。先進国の企業を誘致し、安い労働力を利用して繊維工業や機械工業などが行われます。

誘致される先進国の企業側にとっても、安い労働力を得ることができるのでメリットがあります。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA