第3のイタリアは、どこにあるか?なぜ第3なのか?

LINEで送る
Pocket

第3のイタリアとは、イタリアのフィレンツェ、ボローニャ、ヴェネツィアなど中部から北東部にかけての地域のことです。サードイタリーとも呼ばれます。

中小企業や職人を中心に、ファッション、皮革、宝飾、家具などの高級品の生産が盛んな地域です。それぞれの中小企業が各々の分野に特化し、独自性の高い製品がつくられています。

なぜ、「第3」と呼ばれるのか?その理由は次のとおりです。

イタリアの地域経済の区分するとなると、まず北部と南部にわけて捉えられます。まず一番目にミラノ、トリノ、ジェノバなどイタリア北部の大企業が多く工業が発達した地域、二番目に工業があまり発達していない南部地域があげられます。

それらと区別する意味もあり、中部から北東部にかけての中小企業中心の経済である地域は、第3のイタリアと呼ばれるのです。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA