ラグーンとは?その特徴を説明

LINEで送る
Pocket

砂浜海岸とは、沿岸の海水の流れによって形成された海岸の地形のことです。

砂が堆積して、

    • 砂嘴(さし)
    • 砂州(さす)
    • ラグーン

といった地形ができます。

砂が堆積して細く伸びた土地が、対岸付近までのびたものを砂州といいます。

ラグーンとは、砂州によって、そとの海とは切り離され、湖のようになった地形のことです。

または潟湖(せきこ)ともいいます。

有名な例として、北海道のサロマ湖があります。

サロマ湖の砂州の真ん中あたりが途切れているのは、人工的な湖口です。船が通ったりできるように人が削ったものであり、本来はつながっていたものでした。

サロマ湖沿岸の道で撮った写真です。湖と言われなければ、海かと思ってしまうような大きさです。遠くに砂州がつながっているのがうっすらと見えますね。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA