砂浜海岸の地形。砂嘴、砂州、ラグーン

海岸流による堆積によって形成された海岸の地形のことです。

河川が海岸に運んできた土砂や付近の海岸で浸食された土砂が、海岸流によって運ばれて、

  • 砂嘴(さし)
  • 砂州(さす)
  • ラグーン、沿岸州

が形成されます。

沿岸流とは、海岸付近の流れる潮流です。

砂嘴(さし)

海岸流によって、岬の先端などに堆積した砂礫が、嘴(くちばし)状の地形のこと。下記の地図は、北海道・野付半島(のつけはんとう)す。

砂州(さす)

砂州とは、砂嘴が発達して対岸付近までのびたものです。

陸地と島をつなげてしまった砂州のことは、陸繋砂州(りくけいさす)といいます。つながった島は、陸繋島です。

京都の天橋立(あまのはしだて)が有名です。

天橋立には行ったことがあります。

本で砂州について読むと、単に砂地がのびているだけで、人の気配などないようなところだというイメージがありました。

しかし、天橋立の砂州の上には道があって、地元の人が朝の散歩をしていたり、高校生が自転車で通学していたり、ふつうに生活するうえで砂州が利用されていました。湾の反対側に行くには、ショートカットコースになりますね。

砂浜で釣りをしている人もいました。

美しい海と砂浜です。

砂州のつけ根の場所には、こんな風景も。長い柄のついたアミをひいて、水底の貝をとっている漁師。

ラグーン

陸繋砂州によって、そとの海とは切り離され、湖のようになったものをラグーン、または潟湖(せきこ)といいます。

北海道のサロマ湖です。

砂州の真ん中あたりが途切れているのは、人工的な湖口です。船が通ったりできるように人が削ったのです。

サロマ湖沿岸の道で撮った写真です。遠くに砂州がつながっているのがうっすらと見えますね。湖と言われなければ、海かと思ってしまうような大きさです。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA