中国の農業

中国全体をみたときに、まず西部と東部で農業地域を大別することができます。

中国東部の区分け

東部では、小麦栽培や稲作が営まれています。

ホワイ川とチンリン山脈を結ぶ線がポイントです。

この線は、年間の降水量が1000mmのラインになっていて、ここを境にして、北が畑作、南が稲作中心の農業となります。

1000mmラインより北の

  • 東北地方
  • 華北地方

の2つに分けて考えます。

1000mmラインよりも南の華中・華南地域は、

  • 華中の長江流域
  • スーチョワン(四川)稲作
  • 高原稲作
  • 華南地方

の4つに分けて考えてみます。

東北地方

春小麦、大豆、こうりゃん、とうもろこしの栽培が行われています。

華北

華北地域の黄河流域では、冬小麦の栽培が盛んです。とうもろこしの栽培も行われています。

華中の長江下流域

長江の下流域では、稲作が中心です。南のほうでは茶の栽培を行われています。

スーチョワン(四川)稲作地域

長江の上流域でも同じように稲作が盛んです。

南西部 南西稲作地域

高原地域で稲作が行われています。とうもろこしの栽培も多いです。

華南地方

1月の平均気温が10℃と冬も温暖な地域、モンスーン気候で、稲の二期作が行われています。

二期作とは、1年に同じ作物を2回育てることです。

珠江(チュー川)の流域では、三期作もみられます。

中国西部の内陸

西部は内陸で乾燥した気候で、遊牧やオアシス農業が営まれています。

チベット高原では、ヤクの遊牧。

モンゴル付近では、モンゴル民族による馬や羊の放牧です。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA