塩湖のでき方、世界に存在する有名な塩湖を紹介

LINEで送る
Pocket

塩湖とは、塩水からなる湖のことです。

(たいして、淡水からなる湖のことを淡水湖といいます。)

塩湖のでき方

乾燥気候地域の内陸の凹地に水が流れ込み、湖をつくります。湖には入ってくる川はあっても、出ていく川がない場合、凹地に集まった水分は蒸発して塩分が濃縮され、塩湖が形成されます。

世界の塩湖

ウユニ湖

南アメリカ大陸・ボリビアにあるウユニ湖が有名です。乾季には、水が干上がって塩の平原になっています。

Image by Loic Mermilliod loacfr/Wikimedia Commons

上に書いた塩湖のでき方のように、ウユニ湖に流れ込む川としてリオグランデ川がありますが、流出する川はありません。ボリビアは乾燥気候で、降水量よりも蒸発量が多くなっていて、乾季には水がなくなります。

このように塩湖は、乾燥気候地域で、降水が少なく、流入する川はあっても、流出する川がない、という場合がほとんどです。

死海

アラビア半島にある塩湖で、東アフリカの大地溝帯の北端、紅海からトルコにのびる断層に位置しています。海抜は約マイナス400mで、海水面よりも低い場所にあります。

死海といえば、海にプカプカと浮いたり、浮かびながら本や新聞を読む写真がよく見られます。

Image by Ri Butov/Pixabay

このように浮いてしまうのは、海よりも何倍も塩分が濃いからです。

ショット・エル・ジェリド

チュニジアにある塩湖です。湖畔の都市トズールを拠点にして、旅行者が多く訪れる観光地になっています。


Image by Jerzystrzelecki/Wikimedia Commons

サリーナス・グランデス

アルゼンチンの北部に位置する広大な塩湖です。

Image by JuliSarki/Wikimedia Commons

ハット・ラグーン

オーストラリアの西部にある湖です。夏の暑いときには、絵具のようなピンク色の湖になり、ピンクレイクと呼ばれています。

Image by Dean Trezise/flickr

ヒリアー湖に生息する微生物がつくりだした色素が、塩に混ざり、水がピンク色に染まります。水辺は結晶化した堆積物に覆われています。

モノ湖

アメリカのカリフォルニア州にある塩湖です。

Image by chenhengyu/Pixabay

湖面から突き出た独特な岩が独特な景観をつくっています。

グレートソルト湖

アメリカのユタ州にある塩湖です。流れ込む川はあっても流れ出る川がなく、塩分が濃縮されています。

Image by David Mark/Pixabay

湖畔の草原ではバイソンなどの野生の動物を見ることができます。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA