テラロッサとテラローシャは別物。土壌のもとに違いがあります。

LINEで送る
Pocket

テラロッサとテラローシャは、同じ土壌の名称で、似たような名前ではありますが、まったくの別物です。

土壌を大きく分けると、成帯土壌と間帯土壌があります。

成帯土壌は、気候の影響を受けて生成された土壌です。乾燥か湿潤か、気温が高いか低いかなどの気候によって土壌の種類が変わります。

間帯土壌は、気候よりも、岩石や地形、地下水の影響を受けて生成する土壌で、地域特有の土壌です。

テラロッサとテラローシャは、どちらども間帯土壌です。

似たような名前なので、日本語に訳したときの言い方の違いかな?とも思えるかもしれませんが、これらはまったくの別物で、土壌としての特徴も違います。

テラロッサは、石灰岩が風化してできた赤色、バラ色の土壌。地中海沿岸の石灰岩が分布する地域にみられます。鉄分、アルミ分が多く、酸性の土壌で、あまり肥沃ではありません。果樹やオリーブなどが栽培されます。

テラローシャは、玄武岩などが風化してできた暗紫色の土壌。ブラジル高原南部にみられ、コーヒーが栽培されています。コーヒー土とも呼ばれます。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA