ロシア地域の農業(トナカイの遊牧、チェルノーゼムでの小麦栽培)

ロシアの気候帯は、亜寒帯、寒帯、また乾燥帯で、農業をするには不利な土地が多いです。

寒帯のツンドラ気候地域、農業の三角地帯について書きました。

ツンドラ気候の地域

まず、北部のツンドラ気候ETの地域では、作物を育てることができません。寒さに強いトナカイの遊牧が行われています。

夏になっても、月の平均気温が10℃未満~0℃以上。夏のあいだだけ地表付近の永久凍土がとけて、少しの草やコケ類が広がる地域です。

農業三角地帯での穀物栽培

・北西部のサンクトペテルブルク

・南西部のオデッサ

・バイカル湖付近のイルクーツク

の3つの都市を結んだ地帯を、農業の三角地帯と呼びます。

この範囲のなかに、黒っぽい土壌「チェルノーゼム」が広がる地域があります。このチェルノーゼムの肥沃な土地では、小麦栽培が盛んです。

また。モスクワを中心とする地域では、混合農業が行われています。

ロシア全体では、寒いところが多くて農業には不利ですが、この農業の三角地帯のなかでもとくにチェルノーゼムの分布する土地は、大農業地帯となっています。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA