グレートプレーンズとはどこなのか

LINEで送る
Pocket

グレートプレーンズとは、北アメリカのロッキー山脈の東側から西経100°付近の大平原のことです。

西経100°のラインは、年間の降水量が500mmあるかないかの境目と一致していて、西経100°よりも西側では、降水量が500mmよりも少なくなります。

つまり、グレートプレーンズのほとんどは、年間に降る雨の量が500mmよりも少ないです。

グレートプレーンズでは、灌漑によって小麦やトウモロコシが栽培されています。地下水をくみ上げ、センターピボットと呼ばれる回転式のスプリンクラーで円形に灌漑をするところもあります。

西のほうに行くと降水量が少なくなって、牛の放牧が行われるようになります。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA