実測図と編集図の意味・違いは?例を紹介

LINEで送る
Pocket

地図の作成方法を大きく分けると、実測図と編集図に分けることができます。

実測図

現地での測量や空中写真測量をもとにして作成された地図のことです。
国土地理院発行の縮尺2万5000分の1の地形図、国土基本図の5000分の1や2500分の1などの地形図は実測図です。

編集図

実測図をもとにして編集をして、簡略化したり縮小したりして作成された地図のことです。

国土地理院発行の縮尺5万分の1の地形図が編集図です。また、社会科地図帳なども編集図といえます。

LINEで送る
Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA