保護貿易・自由貿易とは?

LINEで送る
Pocket

保護貿易とは、外国との貿易に国が介入して国内産業の保護を目的とした貿易で、輸入品に輸入関税をかけたり、輸出品に奨励金をかけることが行われます。

自由貿易とは、国際間の商品・サービスの取引について、制限が設けられることなく自由に貿易することです。

政府が関税や数量制限、輸出補助金などの手段により貿易を制限・促進したりすることなく、
自由に輸出入が行われます。

外国から自由に輸入することが認められると、自国の産業が負けてしまうかもしれませんので、競争力のない産業または会社にとっては問題となります。

LINEで送る
Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA