アングロアメリカ、ラテンアメリカとは?

LINEで送る
Pocket

アングロアメリカとは、北アメリカのアメリカ合衆国とカナダをさす言葉です。

アメリカに移住して開拓したのはいろいろな国の人々ではありましたが、中心はアングロサクソンのイギリス人でした。

アメリカとカナダはもともとイギリスの植民地でしたから、イギリス人→アングロサクソン→アングロサクソンが開拓→この地名をアングロアメリカと呼ばれるようになりました。

一方、ラテンアメリカとは、メキシコ以南の中央アメリカ、南アメリカをさす言葉。メキシコ以南のグアテマラやカリブ海諸国などの中米、ブラジルやアルゼンチンなどの南アメリカ大陸の国々のことです。

アングロサクソン人が中心で開拓した北アメリカに対して、スベインやポルトガルなどのラテン系の人々を中心にして開拓されたことから、ラテンアメリカと呼ばれます。

ラテンアメリカの公用語はスベイン語、ポルトガル語です。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA