明るいタイガと暗いタイガ

LINEで送る
Pocket

タイガとは、ロシアのシベリア地方の針葉樹林の意味です。ユーラシア大陸、北アメリカに見られる広範な針葉樹林は、タイガと呼ばれています。

樹木の種類によって、「明るいタイガ」と「暗いタイガ」があります。

シベリアのエニセイ川を境にして、樹木の種類が異なっていて、エニセイ川の東側にはカラマツなどの落葉針葉樹が中心に生育していて、「明るいタイガ」と呼ばれます。

落葉針葉樹は、冬になると葉を落としますから、森林内が明るくなりますよね。

エニセイ川の西側は常緑針葉樹が中心に生育しています。東側でも、さらに東へと進んだシベリア極東地域、また北アメリカでも、トウヒ、モミなどの常緑針葉樹が中心です。こちらが「暗いタイガ」です。

常緑針葉樹ですから、冬になっても葉を落とさず、森林内がうっそうと暗いことからこう呼ばれています。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA