自給作物と商品作物の違い

自給作物と商品作物について説明します。

自給作物とは、生産者自身が消費するために栽培する作物のことです。自分でつくって、自分で食べます。

一方、販売するために栽培する作物が商品作物です。販売をしてお金に換えるので、換金作物もといいます。経済が発展するにしたがって、商品作物をつくる割合が増えていきます。

自給作物の例として、 熱帯の焼畑でつくられる穀物やイモ類などがあります。

商品作物の例としては、野菜や果実などの園芸作物、コーヒーやカカオなどのプランテーション作物があげられます。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA