鉱産資源の種類(エネルギー資源・金属資源・非金属資源)

LINEで送る
Pocket

鉱産資源とは、地下に埋まっている鉱物や岩石のことです。また、それらを掘ってとる場所のことを鉱山といいます。

鉱産資源は、

  • エネルギー資源
  • 金属資源
  • 非金属資源

に分けることができます。

エネルギー資源

エネルギー資源とは、熱や光、動力などの源となるエネルギーを供給する資源です。人力、家畜の力などの生物による資源と、風力、水力、石炭、石油、天然ガスなどの天然資源があります。

後者の風力、水力、石炭、石油、天然ガスなどの天然資源が、鉱産資源のなかのエネルギー資源ということになります。

金属資源

金属資源とは、金属としての性質を持つ鉱物資源のことです。金属光沢があり、展性、塑性をもつ熱の良導体となる物質が、金属です。

金属資源からつくられるものは、鉄と、非鉄金属に分けられます。

鉄は、鉄鉱石と呼ばれる資源からつくられます。非鉄金属は、鉄以外の金属のことで、金、銀、銅、錫、鉛、亜鉛など様々なものがあります。

非金属資源

非金属資源とは、金属としての性質を持たない鉱物資源のことです。石灰石、陶土、硫黄、ダイヤモンドなどがあります。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA