漁業するのに適した場所、大陸棚、潮目、湧昇流の意味

LINEで送る
Pocket

よい漁業場所となるには、条件があります。大陸棚、潮目、湧昇流などが、魚をたくさん捕獲できる場所です。

大陸棚

大陸棚とは、大陸の周辺にある深さ130mまでの緩斜面の海底のことです。棚状になっています。

大陸から海に入ると、徐々に深くなっていって、そのあとは大海底という深い海がずっと続きます。その大陸部分の周辺のことです。

そのなかでもとくに浅い場所をバンクといいます。

浅いということは、海底まで太陽の光が透過します。それによって、酸素やプランクトンが豊富となり、プランクトンをエサとする魚がやってくるのです。

潮境(潮目)

寒流と暖流が出会うところが潮境で、その潮境が海面に線となってあらわれたものが潮目です。

潮目では、深い海の栄養豊富な海水が上昇してくるので、魚のエサとなるプランクトンがたくさん発生しまう。

魚のエサがたくさんあるのですから、たくさんの魚たちがやってくるようになります。よって、よい漁場になるのですね。

湧昇流(ゆうしょうりゅう)

海底から海の表面に、海水が向かう流れを、湧昇流といいます。

主に沿岸部で発生する沿岸湧昇、赤道付近で発生する赤道湧昇があります。

海底近くの水には、栄養塩類が多く溜まっています。その水が湧昇流によって、海面まで上がってくると、光合成によって植物性プランクトンが発生します。

動物性プランクトンが、植物性プランクトンをエサとして生育し、動物性プランクトンをエサとする魚たちがやってくるのです。

LINEで送る
Pocket



おすすめ本

地理の全体像を把握するに、最適な本を紹介します。

山岡の地理B教室」です。

平易で親しみやすい言葉とシンプルなイラストで、とても読みやすい本です。重要ワードの解説、物事がなぜそうなっているのか?という理由の説明をしてくれます。

地理の勉強を始めるときには、まずこの本を読むといいでしょう。

part Ⅰ、part Ⅱがあります。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA