薪炭材と用材とは?

LINEで送る
Pocket

薪炭材とは、薪(まき)や木炭に使う木材のことです。

「しんたんざい」と読みます。

薪炭材を生産するための森林のことを、薪炭林といいます。

一方、用材とは建築資材やパルプの生産に使う木材のことです。

木材の用途は、北米や日本などの先進国では用材の割合が高く、アジアやアフリカの発展途上国では薪炭材の割合が高いです。

薪炭材を利用する途上国では、人口が増加するとともに必要となる量が増えて採取量が増え、森林面積の減少、砂漠化進行の原因となっています。

LINEで送る
Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA